データ分析

日経新春杯の見解

photo0000 4219 1 1 - 日経新春杯の見解

こんばんは、セイラさんです。本日は1月13日(日)に京都競馬場にて実施されるG2ハンディキャップ重賞、日経新春杯の見解を述べていきたいと思います。

登録馬・馬齢・ハンデ・想定騎手・父馬名を表にまとめました。

馬名(想定人気順)馬齢斤量騎手父馬
グローリーウェイズ55Mデムーロディープインパクト
メイショウテッコン56武豊マンハッタンカフェ
ムイトオブリガード56川田ルーラーシップ
アフリカンゴールド52ミナリクステイゴールド
ルックトゥワイス55岩田ステイゴールド
ガンコ57藤岡佑介ナカヤマフェスタ
ウィンテンダネス56内田カンパニー
ノーブルマーズ56高倉ジャングルポケット
シュペルミエール55北村ステイゴールド
ロードヴァンドール56横山典弘ダイワメジャー

過去5年のレース傾向をピックアップしようと思いましたが、今開催の京都馬場は非常にタフな為、2015年以前の走破時計2分24秒台になりそうもないので、過去2年のレース結果から傾向を分析しました。

血統傾向・・・父馬はキングマンボ系、サンデーサイレンス系。母父はサドラーズウェルズ系、ロベルト系。瞬発力より、スタミナ・パワーに優れた血統。

脚質・・・中段より前目でレースができる馬が有利。追い込み一辺倒は不利。ペースにもよるが16頭立てなら道中8番手以内が良い。

人気・・・1番人気は2年連続1着。

傾向からみると想定オッズ1番人気のグローリーウェイズは後方からキレる足で追込む脚質の為、このレースには向かないように見えます。但し、先行して結果を残してきた馬が多いのも事実。序盤のポジション争い争いは激しくなると予想されます。であれば展開から有利な馬は中段からロングスパートできるタイプの馬。

3頭挙げると

  1. ムイトオブリガード
  2. 中央競馬ブログランキングにて掲載
  3. 最強ブログランキングにて掲載

是非とも下記バナーをクリックお願いします。ではまた。

中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 日経新春杯の見解
最強競馬ブログランキングへ

こちらの記事もおすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。