データ分析

【中山牝馬ステークス2019予想】キケンな人気馬|おすすめ穴馬は?

photo0000 4219 1 - 【中山牝馬ステークス2019予想】キケンな人気馬|おすすめ穴馬は?

本命党、穴党の皆さま、手に汗にぎる競馬ライフをお過ごしでしょうか、セイラさんです。

早速ですが、中山牝馬ステークス2019(中山芝右回り・1800m・Aコース)の分析をしていきます。

中山牝馬ステークス レース傾向

  1. 過去5年馬券内15頭中、斤量52キロ=3頭、53キロ=5頭、54キロ=4頭➡重ハンデの実績馬より、軽ハンデの馬が好走。
  2. 好走脚質は年によって変わる。近2年は1着から順に、逃げ→先行→追込み、先行→追込み→先行で決着。➡先行馬がやや有利
  3. 先週日曜日の馬場傾向は重馬場で外差しが圧倒的に決まった。➡馬場傾向が変わらなければ、キレよりパワータイプの馬を狙うべき!

上位人気馬の分析と評価

1番人気想定=ミッキーチャーム(4歳 55 川田)

評価◎(本命)

アーモンドアイを一番追い詰めた馬。
夏の函館、札幌の走りを見るかぎり、荒れ馬場も苦にしない。中山の坂もこなすでしょう。
コーナーリングも上手。1800mはベスト条件。

勝ち負けを期待。

2番人気想定=ノームコア(4歳 55 田辺)

評価△(連下)

中山コース紫苑ステークスの勝ち馬。ただし秋の開幕週で良馬場のスピード決着でのもの。
重い荒れた馬場になれば、パフォーマンスを落とす可能性が高い。
前走のような競馬では差し届かない恐れあり。
ルメール➡田辺騎手への乗り替わりはマイナス。

今の中山は合わないような気がします。前走は本命にしましたが、今回については評価を下げます。

3番人気想定=クロコスミア(6歳 55 岩田)

評価✖(消し)

休み明けはマイナス。
中山は過去1回走っただけで着順は14着。
同型のミッキーチャーム、カワキタエンカ、ランドネが出走すれば、マイペースで逃げられない。展開利も見込めず。

一度たたいて、大敗してから人気薄で狙う馬。今回は消します。

4番人気想定=アドマイヤリード(6歳 56 横山典弘)

評価▲(単穴)

荒れ馬場、重馬場も苦にしない。むしろパフォーマンスを上げる傾向がある。
他馬との斤量差がカギ。

ミッキーチャームを負かすならこの馬では?

5番人気想定=ランドネ(4歳 53 戸崎)

評価△(連下)

前走は展開に恵まれて3着がやっと。前走より上り目はなし。
同型との兼ね合いがカギ。先行馬にはきびしい流れになる。
斤量はノームコアより2キロ軽い53キロ。

能力は出走馬の中で下のほうでしょう。しかしながら馬格があり、かつ父ブレイム・母父エーピーインディの血統構成から、軽い馬場よりも荒れた馬場が向くとみて、押さえます。

おすすめ穴馬はこちら!

ウラヌスチャーム(4歳 53 ミナリク)にします。

理由

  1. 中山競馬場で連対率100%➡適正あり。
  2. 斤量53キロ。
  3. 前走先行できた点➡追込み一辺倒から脚質転換、成長とともに脚質に幅が出てきた点は評価。
  4. 末脚の切れ味で勝負するイメージの馬だが、本来はパワータイプ。馬格もあるので、ほかの馬が気にするのであれば、荒れた馬場は相対的に有利。

最後に、ランキングアップは励みになりますので、この記事が少しでも役に立ちました方は是非とも下記バナーをクリックお願いします。ではまた。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【中山牝馬ステークス2019予想】キケンな人気馬|おすすめ穴馬は?
最強競馬ブログランキングへ

中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【中山牝馬ステークス2019予想】キケンな人気馬|おすすめ穴馬は?ブロトピ:重賞予想/回顧







こちらの記事もおすすめ