データ分析

【京都新聞杯2019予想】キケンな人気馬|激走穴馬は?

photo0000 4217 1 1 - 【京都新聞杯2019予想】キケンな人気馬|激走穴馬は?

本命党、穴党の皆さま、手に汗にぎる競馬ライフをお過ごしでしょうか、セイラさんです。

早速ですが、京都新聞杯2019(京都右回り・2200m・外回りCコース)の分析をしていきます。

京都新聞杯 レースのポイント

  1. 京都競馬場は内外フラットな高速馬場➡道中インコースを通る馬が有利。
  2. 前走逃げた馬はヤマカツシシマルのみ。先行馬の数も少ない。➡過去のレース傾向では差し、追込み馬が優勢であるが、今年はスローペースが濃厚なメンバー構成。
  3. 先行馬有利になる可能性が高い。差し馬なら馬群を割れるタイプ。➡京都外回りでも大外一気は厳しいのでは?

上位人気馬の分析

1番人気想定=ブレイキングドーン(福永 中竹厩舎)

前走=4/14 皐月賞(G1)13番人気11着
前走馬体重=498キロ
脚質=差し
血統=父ヴィクトワールピサ、母父ホワイトマズル(リファール系)

  • 3戦連続中山競馬場から、地元の京都競馬場替わりはプラス。ただし昨年秋開催の時計のかかる京都芝コースとは全く異なる今回、瞬発力勝負になったときに脆さを見せる可能性あり。
  • 1番人気で買うほどの信頼性はない。

2番人気想定=タガノディアマンテ(松山 鮫島厩舎)

前走=4/14 皐月賞(G1)15番人気
前走馬体重=460キロ
脚質=追込み
血統=父オルフェーヴル、母父キングカメハメハ

  • 岩田→田辺→田辺騎手ときて、ここで松山騎手への乗り替わり。
  • テン乗りで、乗り難しそうな追込み脚質の馬を松山騎手は乗りこなせるのだろうか?期待より不安が上回ります。

3番人気想定=トーセンスカイ(武豊 藤原英昭厩舎)

前走=3/16 未勝利 1番人気1着
前走馬体重=494キロ
脚質=差し
血統=父トーセンラー、母父Belong to Me(ダンチヒ系)

  • こういう脚質の馬、今回沢山出ますよね。
  • 騎手と厩舎で3番人気なのかはわかりませんが、レースを見るかぎり、脚質、瞬発力など他馬と比較してストロングポイントは見出せません。

4番人気想定=ロジャーバローズ(浜中 角居厩舎)

前走=3/17 スプリングステークス(G2)2番人気7着
前走馬体重=500キロ
脚質=先行
血統=父ディープインパクト、母父Librettist(ダンチヒ系)

  • スプリングステークスは先行馬がやりあう中、外枠⑮から位置をとれず、下げざる負えなかった。直線も伸びず0.4秒差の7着。
  • 陣営コメントから、前走の敗因は輸送競馬も影響したとのこと。
  • 今回は先行馬少数のため位置が取りやすい点・関西圏の京都競馬場になる点と上り目は見込める。
  • 不安点は高速馬場への適性

5番人気想定=サトノソロモン(アヴデゥラ 池江厩舎)

前走=3/24 大寒桜賞(500万下)1番人気7着
前走馬体重=546キロ
脚質=先行
血統=父ディープインパクト、母父Elusive City(ゴーンウエスト系)

  • 前走は普通に回って普通に負けた。
  • 京都の高速馬場で変わり身はないでしょう。

6番人気想定=フランクリン(北村友一 音無厩舎)

前走=4/7 未勝利 2番人気1着
前走馬体重=472キロ
脚質=差し
血統=父ディープインパクト、母父ブライアンズタイム

  • 調教後の騎手コメントから喉に不安がある模様。
  • 全兄のフランツも昨年同レースで人気を背負って凡走していることから手は出しづらい。

おすすめ穴馬はこちら!

1頭目は後方脚質の馬ですが、前走馬群を割って差し切ったヒーリングマインド。当日はもっと人気するでしょう。

もう1頭あげるなら、近2走、力を出し切れていないこの馬。3走前の500万下はそこそこ強いメンツで2着。3番人気、5番人気想定の馬よりもこちらを上位に取りたい。

おすすめ穴馬の馬名は競馬ブログランキングの紹介文に記載しております。ぜひとも下記バナーをクリックお願いします。ではまた。

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【京都新聞杯2019予想】キケンな人気馬|激走穴馬は?
最強競馬ブログランキングへ

中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【京都新聞杯2019予想】キケンな人気馬|激走穴馬は?ブロトピ:重賞予想/回顧







こちらの記事もおすすめ