重賞予想

シンザン記念の予想

こんばんは、セイラさんです。日曜日に京都競馬場にて実施されるG3重賞シンザン記念の予想をしていきます。

先ずは過去5年の好走傾向から

  • 血統傾向・・・スタミナ型サンデーサイレンス産駒、ハービンジャー産駒、キングマンボ系産駒が優勢。牝系にダンチヒ系、ヌレイエフ系を併せ持つ馬が優勢。スピードよりはパワー、持続力に優れた血統が良い。
  • 内枠有利。
  • 馬券内15頭の前走からの距離・・・同距離11頭、距離短縮3頭、距離延長1頭。
  • 過去5年の出走馬からアーモンドアイ、ペルシアンナイト、アルアイン、ジュエラー、ミッキーアイルなどG1勝ち馬、またロジクライ、キョウヘイなど重賞勝ち馬が多数出ており、素質馬を見抜くレースでもある。前走のレースの格は関係ない。
  • このレースでの上り3ハロン最速馬の順位・・・1,1,2,3,3位。すべて馬券に絡んでいる。

現在のオッズから人気順に並べてみます。

馬番馬名騎手母父(系統)
アントリューズ川田ロードカナロアターントゥ系
ヴァルディゼール北村ロードカナロアサンデー系
ミッキーブリランテ坂井瑠星ディープブリランテダンチヒ系
ハッピーアワー秋山ハービンジャーディープ系
ドナウデルタ(牝)福永ロードカナロアディープ系
パッシングスルー(牝)池添ルーラーシップヴァイスR系

ノーザンファームのクラブ馬、上位騎手騎乗、勢いのある種牡馬、かつ内目の枠の2頭が1、2番人気ですね。共倒れは考えにくいかもしれません。レースも上手です。ただ、レースぶりを見る限りそこまでの大物感も感じられません。

本命馬はこの馬にします。この馬にした1番の理由は前走のレースに大物感を感じたからです。何度も見返しましたが、スタートから中盤までかかりっぱなしで首を上下左右に傾けながら走っておりました。それでいて最後の直線では突き抜けて楽勝しました。未勝利戦ではありましたが余りお目にかかれない走りでした。新馬戦では2着に敗れてしまいましたが、素質馬に食い下がって3着以下を突き放した内容も高く評価します。重賞でも十分に戦えると踏んでおります。この先気性が改善して成長していけばトップクラスの馬になるとみております。また好走血統のダンチヒ系を牝系に持っており、血統観点からも評価します。騎手はまだ若いですが厩舎は一流厩舎ですので、勝負になると判断して、未勝利勝ちから出走させてきたはず。この騎手の重賞初勝利を願います。

本命馬の馬名は競馬ブログランキングにて掲載しております。是非とも下記バナーをクリックお願いします。ではまた。


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

 

こちらの記事もおすすめ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。